弁護士With 京都、大阪の弁護士、法律事務所

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題(B型肝炎訴訟、交通事故慰謝料相談、過払い請求など)も相談できます。大阪の交通事故弁護士

TOP > 訴訟肝炎

目次

B型肝炎の訴訟費用と裁判所について

B型肝炎の訴訟費用と裁判所は大きく関わってきます。裁判というものは莫大に時間がかかるものであり、その中で和解になったり、証拠敗訴になったります。

そうした中でB型肝炎の訴訟費用と裁判所についてしっかりとした知識を身に着けておくことは必要になります。

B型肝炎の訴訟費用は長引けば長引くほど嵩んでいく計算になります。裁判所にいればいるほど大きな損害になるということですね。

そうした損害を埋めるために行われるのが、B型肝炎訴訟の短縮化です。

裁判長と言えど人です。そうした人がスムーズに事を進められる必要があります。

大阪で弁護士事務所を探すなら「弁護士 大阪」でググりましょう。

B型肝炎における給付金について

現在、B型肝炎に感染している患者数は140万人近くいると言われています。そのうち、昭和頃に国の政策で行われた集団予防接種等を受けたときに、医師が同じ注射器を連続して用いたことが原因となって、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方が3割に及ぶと言われています。

現在、この集団予防接種で感染してしまった方と、その方から母子感染でうつってしまった方に対して、状態に応じて給付金を受け取れる制度を行っています。

しかし、この給付の対象になるためには、裁判所で対象に値するかどうかを判断するために、国を相手とした国家賠償請求訴訟を提起し、国との間で和解をしなければいけません。

B型肝炎訴訟と給付金関連

B型肝炎と救済制度について

B型肝炎は血液感染によって発症する可能性が高いウイルス性肝炎です。血液感染のため性交渉や輸血などにより感染する可能性があります。

性交渉の際は感染予防策として、コンドームの着用が推奨されています。

近年では、感染症のリスクのある血液は輸血できないように細かく調べられていて感染のリスクは少なくなっています。

過去の集団感染によって多くの人がB型肝炎に罹患した可能性があります。給付金の認定は、裁判所によって救済するかどうかが決まります。

この給付金をもらうためには国家賠償請求訴訟という国を相手にするB型肝炎訴訟を起こして、和解をする必要があります。

B型肝炎と給付金制度について

B型肝炎は血液感染とウイルス性肝炎のことを言います。輸血や性行為などにより感染する可能性があります。近年では、医療の進歩と正しい知識の定着により感染のリスクは少ないです。

母子感染と水平感染の2種類があります。母子感染は母親から胎児へ感染することを言います。

B型肝炎に過去に感染した方や何らかの原因で感染した方は国からの救済制度により給付金を受け取ることができる可能性があります。

救済制度を受けるためには、国に訴訟を起こし、裁判によって国と直接争い和解することで初めて、救済制度を受けることができます。

B型肝炎の被害者への給付金について

昭和の特定期間において7歳までの間に集団予防接種を受けている場合、可能性として注射器や注射筒を医師が使い回した影響で、B型肝炎ウイルスにたくさんの方が感染しているのです。

しかし、被害に合われた人は国から給付金を支払ってもらう事が出来ます。

対象は、予防接種などが原因で感染してしまった人、感染した親から母子感染してしまった人、B型肝炎が原因でなくなられた方の家族の人です。

ただし給付金の支払いをしてもらうには、一度調停者や訴訟を起こしてもらう必要があり、支払い要件と感染内容の証拠が一致するか確認していくことになります。

理解しておきたいB型肝炎訴訟の歴史

弁護士に依頼すると、必要な手続きは代行してくれますので、自分自身でB型肝炎訴訟の歴史について絶対に理解しておかないといけないという事はないでしょう。

しかし、問題を解決していくのであれば、ぜひB型肝炎訴訟の歴史について知っておいた方がいいでしょう。

B型肝炎訴訟の歴史について少しでも知っていると、知識を増やす事ができます。また、B型肝炎訴訟の歴史というのは、問題を解決する人にとっては、関係のない事ではありません。

B型肝炎訴訟の歴史については、自分で調べてみるだけでも知る事ができます。また、問題とは関係なくても、知っておきたいという場合にはネットで調べるのもいいでしょう。

弁護士に相談したいB型肝炎訴訟

自分もB型肝炎訴訟の手続きが必要だと感じている人は、ぜひ弁護士に相談しましょう。弁護士にB型肝炎訴訟の事で相談する事ができれば、後は必要な手続きを弁護士が進めてくれます。

B型肝炎訴訟は難しそうだと感じられる事もあります。しかし、実際のB型肝炎訴訟の手続きについては、弁護士に代行してもらう事ができます。

B型肝炎訴訟の手続きを弁護士に任せる事ができれば、自分の負担を減らす事ができます。

治療と並行して、手続きを行っている人も多いかと思いますが、余計な事で負担を感じる必要もなく、治療をする事に専念する事ができます。まだ手続きを行っていない人は、早期解決を目指しましょう。

弁護士に聞くB型肝炎訴訟

最終的に給付金を受け取って解決したいという場合には、B型肝炎訴訟について弁護士に相談するのが何よりの近道だと思われます。

B型肝炎訴訟の手続きを行うために弁護士に質問すると、いくらの給付金を受け取る事ができるのかという事について、確認してもらう事ができます。

というのも、B型肝炎訴訟に関する事で弁護士に相談したとしても、受け取る事ができる給付金は症状などにより異なります。

これまでに弁護士にB型肝炎訴訟の事で相談した人の例について紹介されている事もあります。

しかし、自分の場合のB型肝炎訴訟に関しては、自分で弁護士に相談しないと、把握するのが難しい事もあるでしょう。

B型肝炎訴訟・給付金請求 3分でわかる動画解説

法律事務所オーセンスによるB型肝炎訴訟・給付金請求の紹介。

公開日:2017/01/17

札幌地裁 全国初の和解勧告

B型肝炎訴訟の札幌地裁 全国初の和解勧告。

公開日:2010/03/12

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金